ドキュメンタリー映画「風のかたち-小児がんと仲間たちの10年-」「大丈夫。」「傍」等、伊勢真一監督作品を応援したいと思う人たちのためのブログです           (旧・映画「風のかたち」サポーターズブログ)

2009/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312009/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月17日(土)19時30分より、東京・港区の六本木ヒルズ「グランドハイアット東京」において、平成21年度(第7回)文化庁映画賞贈呈式が行われ、文化記録映画部門の3作品および映画功労部門の7名の受賞者に文化庁映画賞が贈られました。

当日は、まず文化記録映画部門の贈呈から始まり、最初に「風のかたち小児がんと仲間たちの10年-」の予告編・特別版が舞台上のスクリーンで上映された後、伊勢真一監督に「文化記録映画優秀賞」が手渡されました。

そのあと、伊勢監督があいさつに立ち、

「この賞は、映画に登場する小児がんと闘う子供たちと、それをサポートする医師やボランティアスタッフたちの生きる姿や生きる力が観る人に強い印象を与え、それが評価されたものだと考えている。

ドキュメンタリーというのは、人や自然や動物たちといった対象を、自分がしっかりと見て、自分なりにそれを伝えていくもので、その登場人物の生き方や存在そのものに共感してくれることが、何よりもうれしいことだ。

そして、撮って完成した時点ではまだ未完成で、みんなに観てもらうことで、本当の映画になっていくと思っているので、そのために皆さんの力を貸していただきたい」

と話されました。

本編は何度も観ていても、この日流されたダイジェスト版を観ながら、涙が止まりませんでしたが、会場の列席者の多くの人も感動している様子が伝わってきました。

また、いつもながら、伊勢監督のつぶやくような、とつとつとした語り口で話される話には、引き込まれてしまいます。本当に伊勢監督の語り口は、舞台でもラジオでも、直接お会いしても、話すスピードや声の大きさや抑揚が、いつも変わりません。それが、相手に対する安心感や信頼感となって、自然に伝り、言葉が心の奥に届いている気がしています。

その後、もう1本の「文化記録映画優秀賞」が「平成熊あらし~異常出没を追う~」(監督:岩崎雅典・製作:株式会社群像舎)に、最後に「文化記録映画大賞」が「嗚呼 満蒙開拓団」(監督:羽田澄子・製作:株式会社自由工房)にそれぞれ、贈呈されました。

映画功労部門の受賞者は、大橋鉄也(映画録音)、窪田治(映画装飾)、久米光男(映画照明)、園井弘一(映画編集)、中澤敏明(映画プロデュース)、原一民(映画撮影)、福田慶治(映画振興)の7氏。それぞれ、映画界に大きな足跡を残してきた方々ですが、中澤敏明氏は、アカデミー賞外国映画賞を受賞した「おくりびと」のプロデューサーとして知られています。

スポンサーサイト
昨日17日には、東京・六本木ヒルズ「グランドハイアット東京」で、文化庁映画賞贈呈式が行われ、伊勢真一監督に文化記録映画賞優秀賞が贈呈されました。

そして、本日18日(日)にはシネマート六本木で、文化庁映画賞記念上映会が行われ、「風のかたち」が13時から上映されます。上映後、細谷亮太先生と伊勢真一監督の舞台あいさつがあります。

ポレポレ東中野での上映を観れなかった方は、ぜひご覧ください。

【平成21年度(第7回)文化庁映画賞受賞記念上映会<文化記録映画部門受賞作品>】
●日時:10月18日(日) 「風のかたち」開場:13時・本編上映:13時20分~(105分)
●会場:シネマート六本木1 スクリーン1(地下2階)
 TEL:03-5431-7711
本日「風のかたち」の文化庁映画賞の贈呈式が行われ、明日18日(日)には文化庁映画賞記念上映会で「風のかたち」が上映されます。上映後、細谷亮太先生と伊勢真一監督の舞台あいさつがあるそうです。

上映時間は下記の通りです。シネマート六本木は、全席カップホルダー付のゆったりした座席で観られる映画館(スクリーン1は165席)のようです。

ポレポレ東中野での上映を観れなかった方はぜひ、明日ご覧ください。

【平成21年度(第7回)文化庁映画賞受賞記念上映会<文化記録映画部門受賞作品>】
●日時:10月18日(日) 「風のかたち」開場:13時・本編上映:13時20分~(105分)
●会場:シネマート六本木1 スクリーン1(地下2階)
 TEL:03-5431-7711

いせFILMのホームページで、「風のかたち」の上映スケジュールの最新情報が更新されていますので、これから「風のかたち」を観たいと思っている方は、ご覧いただければと思います。この応援ブログでも、上映スケジュールは、順次ご紹介させていただきます。

ぎりぎりのご紹介になってしまいましたが、明日18日は、東京・聖母大学の学園祭で上映されるそうです。看護師や助産師、養護教諭を目指す学生さんや、そのご家族の方々がたくさん観ていただけることは、応援ブログ管理人としてもうれしいです。

もし、このブログをご覧になった方がいらっしゃたら、ぜひご感想やご意見をお寄せください。

2009年10月18日(日)
 東京・聖母大学・聖母祭
 住所    東京都新宿区下落合4-16-11
 上映時間  12時/14時
 問合せ   03-3950-0171(聖母大学・小児看護学科 吉野)
 ●聖母大学ホームページ

●いせFILM上映会情報
明日10月13日(火)の午前10時から、「風のかたち」の伊勢真一監督がNHKラジオに出演されます。

伊勢監督が出演されるのは、NHKラジオ第1放送で月~金の毎日放送されている「ラジオビタミン」という番組の、「ときめきインタビュー」というコーナーです。

毎回、1人のゲストを呼んで1時間たっぷりと話を聴くというインタビュー番組で、ちなみに12日のゲストはモデル・リポーターの知花くららさん、伊勢監督の翌日14日はお笑い芸人のエド・はるみさんです。

時間は1時間、ゲストは1人という番組なので、「風のかたち」の話だけでなく、伊勢監督の面白いお話がいろいろと聴けそうです。

NHKラジオ第1放送「ビタミンラジオ」(月~金:8時30分~11時50分)
「ときめきインタビュー」(午前10時台の1時間)ホームページ



10月7日(水)、毎日放送のニュース情報番組「VOiCE(ヴォイス)」の「『小児ガン』を生き抜くこと」という特集の中で、映画「風のかたち」が詳しく取り上げられたようです。

関西地区の方は観た方もいらっしゃるかもしれませんが、東京地区では放送がないので、実際には観ていませんが、ホームページを観ると、伊勢監督へのインタビューのほか、映画の中で、子供を産みたいという夢を語り、その夢をかなえ、長女凛ちゃんと出演していた吉田さんへのインタビューも放送されるなど、「風のかたち」の内容も詳しく紹介されたようです。

もし、ご覧になった方がいらしゃいましたら、放送の様子や感想などをお寄せいただけるとうれしいです。

MBS毎日放送「VOiCE」(月~金:17時50分~18時40分)ホームページ:特集「『小児ガン』を生き抜くこと

ポレポレ東中野でのアンコール上映に観にいけなかった方から、「風のかたち」をぜひ観たいのだが、これから観ることができる場所を教えてほしいという、お問い合わせを多数いただいております。10月~11月までで、現在決まっている「風のかたち」の劇場上映や上映会がありますので、お知らせします。

●10月15日(木)
 「風のかたち小児がんと仲間たちの10年‐ チャリティー上映会」
 神奈川県青葉区・アートフォーラムあざみ野
  上映時間 13時~
  主催団体 バイオラバーあざみ野ショールーム 36.5°
  問合せ 045-905-3365
●10月18日(日)
 平成21年度(第7回)文化庁映画賞受賞記念上映会<文化記録映画部門受賞作品>
 日時:10月18日(日) 「風のかたち」13時20分~
 会場:シネマート六本木1
●10月31日(土)~11月13日(金)
 横浜・シネマジャック&ベティ
 上映時間:12:20~14:10
11/1(日)上映後、伊勢真一監督舞台挨拶!
●11月3日(火)文化の日
 「風のかたち」チャリティ上映会
 日時:11月3日(火)文化の日
     開場 12:30
     第1回 13:00~14:50 (開場は30分前)
      (1回目と2回目の間に細谷先生と伊勢監督の挨拶があります)
     第2回 15:30~17:20
        (本編上映時間105分)
 場所:聖路加国際病院2F トイスラーホール
      (1回の上映で85名程度の方が観られるそうです)
 料金:前売り1,000円、当日1,200円
    (収益は患児のために使わせていただきます)
 主催:聖路加国際病院 小児病棟親の会「リンクス」  
 問合せ先・チケットの予約:
  090-2429-7804(上映日まで有効)
  links.luke@gmail.com
●11月7日(土)~11月20日(金)
 石川県金沢市・シネモンド(「大きな家‐タイマグラの森の子供達‐」併映)
 上映時間未定
●2009年11月21日(土)~12月4日(金)
 東京・多摩アルテリオ
 上映時間未定
●2009年11月21日(土)~11月27日(金)
 三重県・伊勢新富座(「大きな家‐タイマグラの森の子供達‐」併映)
 上映時間未定
昨日は、ポレポレ東中野での「風のかたち」の文化庁映画賞受賞記念アンコール上映の最終日に行ってきました。

平日の10時30分からの上映にも関わらず、館内はほぼ満員の状態で、この日も上映後自然に会場から大きな拍手が起こりました。

また、上映後には伊勢真一監督の舞台あいさつがあり、「8月のロードショー上映から今回のアンコール上映まで、たくさんの人に観ていただき、さまざまな反響や新たな人のつながりなどが生まれ、この映画をつくって本当によかったと思っている」と話されていました。

私はこの日でポレポレ東中野に行くのは、風のかたち祭りというイベントを含めると6回目でしたが、5回、6回という方はけっこうたくさんいらっしゃるようで、なかには1人で23回も観にきた方がいらっしゃったようです。

何度も観ているのであらすじはわかっているのですが、不思議なことに、今回も違った場面で、新たな発見や驚きがありまた。

何度も書いてきましたが、「風のかたち」は観たあとにまたもう一度観たくなる、そして誰かに話したくなる、誰かにすすめたくなるような映画だと思います。

東京での一般上映はひとまず一区切りがつきましたが、これから全国各地で上映される予定ですので、このブログでも順次お知らせしていきたいと思っています。

また、このブログにも、「風のかたち」を自主上映したいというお問い合わせが寄せられております。

風のかたち」は病院や学校、図書館、職場などで上映し、そのあと映画に関するトークショーや意見交換などをする自主上映にはぴったりの映画だと思います。ぜひ、「風のかたち」を仲間のみんなと一緒に観て、いろいろなことを考えたり、話し合うきっかけにしていただけたらと思います。

自主上映についてのご相談は、伊勢真一監督の事務所いせフィルムまで、 直接お問い合わせください。

そのほかのことで、このブログでの告知を始め、私のほうでご協力できることがありましたら、ご協力させていただきますので、 お気軽にお問い合わせください。

いせFILMホームページ:http://www2.odn.ne.jp/ise-film/
いせFILM電話:03-3406-9455
メールアドレス:ise-film@rio.odn.ne.jp

映画「風のかたち」応援ブログメールアドレス:dragon58@live.jp

ポレポレ東中野での「風のかたち」の文化庁映画賞受賞記念アンコール上映は、いよいよ本日が最終日になります。

台風も過ぎ、今日はいい天気になりましたので、朝一番の上映だけになりますが、まだ一度も観ていない方も、一度観た方も、この機会をお見逃しなく、ポレポレ東中野までご来場いただければと思います。

また、昨日もお知らせしましたように、伊勢真一監督が10月13日(火)のNHKラジオ第1放送「ラジオビタミン」に出演します。時間は午前10時から約1時間だそうです。

【文化庁映画賞受賞記念アンコール上映】
9月26日(土)~10月9日(金)午前10時30分から1回上映
東京・ポレポレ東中野(℡03-3371-0088)

ご覧になった方々からの、「風のかたち」への熱い思いと感想はこちらで。
新聞「ひろば風のかたち」
ポレポレ東中野での「風のかたち」の文化庁映画賞受賞記念アンコール上映は、いよいよ明日9日(金)までになりました。

まだ一度も観ていない方も、一度観た方も、この機会をお見逃しなく、ポレポレ東中野までご来場いただければと思います。

また、伊勢真一監督が10月13日(火)のNHKラジオ第1放送「ラジオビタミン」に出演します。時間は午前10時から約1時間だそうです。

【文化庁映画賞受賞記念アンコール上映】
9月26日(土)~10月9日(金)午前10時30分から1回上映
東京・ポレポレ東中野(℡03-3371-0088)

ご覧になった方々からの、「風のかたち」への熱い思いと感想はこちらで。
新聞「ひろば風のかたち」
9月26日から10月9日まで、愛媛県松山市で開催されている「シネマルナティック ドキュメンタリー祭 11の視線」での「風のかたち」の上映も明日9日(金)までになります。

風のかたち」の上映は、本日8日は11時から、明日9日は19時10分からの上映になります。

2009年10月3日(土)~10月9日(金)
 愛媛県松山市・シネマルナティック
 ドキュメンタリー祭 11の視線<9/26(土)より10/9(金)まで>
 上映時間はこちらでご確認願います↓
 シネマルナティック湊町
風のかたち」が11月3日の文化の日に、聖路加国際病院でチャリティ上映されることになりました。

映画風のかたち」のもとになった、10年間のサマーキャンプの記録は毎年、ここ聖路加国際病院のトイスラーホールで上映されてきました。

これまでは、出演している患者さんや元患者の皆さんやご家族の方々のための上映でしたが、今回は一般の方にも観ていただける映画風のかたち」の上映ということで、ある意味で「風のかたち」が生まれた場所での記念すべき上映会だといえます。

また、今回の上映会は、聖路加国際病院の小児病棟親の会「リンクス」の皆さんの尽力により決まったもので、収益は同病院の患者さんのために使われるそうです。

当日は、この映画の企画者で、小児がんと闘う子供たちと並ぶこの映画の主役ともいえる聖路加国際病院副院長の細谷亮太先生と伊勢真一監督の舞台あいさつがあります。

当日は2回上映になりますので、スケジュールとお申込み方法は次の通りです。

≪日 時≫11月3日(火)文化の日
     開場 12:30
     第1回 13:00~14:50 (開場は30分前)
      (1回目と2回目の間に細谷先生と伊勢監督の挨拶があります)
     第2回 15:30~17:20
        (本編上映時間105分)
≪場 所≫聖路加国際病院2F トイスラーホール
      (1回の上映で85名程度の方が観られるそうです)
【料金】 前売り1,000円、当日1,200円
    (収益は患児のために使わせていただきます)
【主催】 聖路加国際病院 小児病棟親の会「リンクス」  
【問合せ先・チケットの予約】
090-2429-7804(島津・上映日まで有効)
links.luke@gmail.com

風のかたち」の文化庁映画賞受賞記念アンコール上映は、いよいよ9日(金)までになりました。
今回の上映は、午前中の上映にもかかわらず、たくさんの方がポレポレ東中野に足を運んでいらっしゃるようです。

1回観ると誰かに話をしたくなり、またもう一度観たくなる映画です。そして、もう一度観ると誰かにすすめたくなったり、応援したくなるような映画です。

まだ一度も観ていない方も、一度観た方も、この機会をお見逃しなく、ポレポレ東中野までご来場いただければと思います。

【文化庁映画賞受賞記念アンコール上映】
9月26日(土)~10月9日(金)午前10時30分から1回上映
東京・ポレポレ東中野(℡03-3371-0088)

ご覧になった方々からの、「風のかたち」への熱い思いと感想はこちらで。

新聞「ひろば風のかたち」
風のかたち」のことに触れていただいたブログがまた、見つかりましたので、ご紹介させていただきます(10月4日現在)。

またたびにっき:映画「風のかたち」みたび(10月3日)
天里 美月:映画「風のかたち」(10月2日)
film批評宣言:風のかたち(9月22日)
ナックルボーク2号:風のかたち(8月26日)
MIHO企画:風のかたち-小児がんと仲間たちの10年-改正(8月9日)
タイマグラ『フィールド・ノート』からの便り:死んじゃあいけない人たち(6月22日)
ワンじいのプロ野球偏愛日記:「風のかたち」(5月29日)

もし、この映画をご覧になって、いい映画だった、考えさせられたことがある、もっとほかの誰かにも観てもらいたいと思ったら、ぜひ、自分のブログやmixiに、この「風のかたち」を観たことを書き込んでいただいたり、Twitterでつぶやいていただければと思います。もちろん、この応援ブログの好きなところに書き込んでいただいてもけっこうです。

[「風のかたち」を取り上げていただいたブログ・その5 ]の続きを読む
今回のアンコール上映は9日(金)までになっていますので、明日4日が最後の日曜日上映になります。この機会をお見逃しなく、ポレポレ東中野までご来場いただければと思います。

明日も上映後、伊勢真一監督の舞台あいさつがあります。

【文化庁映画賞受賞記念アンコール上映】
9月26日(土)~10月9日(金)午前10時30分から1回上映
東京・ポレポレ東中野(℡03-3371-0088)
[明日はアンコール上映中最後の日曜日です!]の続きを読む
10月1日から、乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを訴える「ピンクリボン・キャンペーン」のイベントが全国各地で始まりました。

それに対して、小児がんの啓発や支援をすすめる活動は「ゴールドリボン・キャンペーン」と呼ばれ、シンポジウムやイベントが各地で行われているのをご存知でしょうか。
[ゴールドリボン・キャンペーンの輪も広がってほしい]の続きを読む
毎日新聞のひと欄で、伊勢真一監督へのインタビュー紹介されました。伊勢監督のドキュメンタリー映画制作へかける思いと生き方の一端を知ることができます。

ひと:伊勢真一さん 小児がんの仲間を描いた映画製作(毎日jp:10/03)
(同じ記事ですが)
ひと:伊勢真一さん=小児がんの仲間を描いた映画で文化庁映画賞受賞(毎日新聞東京朝刊10/03)

「風のかたち」が紹介された記事・その1
映画を観た方に配られるアンケートに書かれた感想を紹介している「ひろば風のかたち」を改めて読んでみると、1つとして同じ感想がなく、それぞれが生きた自分の言葉で書いている、熱い思いがあふれた感想が並んでいることに驚きます。

[観た人それぞれに違う感動と共感がある映画です!]の続きを読む
ポレポレ東中野でのアンコール上映もあと1週間となりました。今回のアンコール上映は、朝10時30分からの1回上映ということで、平日はどうしても観にいけないという方が多いと思います。

明日10月3日とあさって4日の土日が最後の週末上映ということになりますので、平日は観に行けないという方は、ぜひこの週末に、ポレポレ東中野まで足を運んでいただければと思います。

3日、4日とも上映後に伊勢真一監督の舞台あいさつがあります。伊勢監督は、上映後可能な限り、映画館の入り口に立ち、観にきていただいた方一人ひとりにお礼をいい、チラシを手渡していらっしゃいますので、直接映画の感想を伝え、話し込まれる方も多いようです。

【文化庁映画賞受賞記念アンコール上映】
9月26日(土)~10月9日(金)午前10時30分から1回上映
東京・ポレポレ東中野(℡03-3371-0088)

伊勢真一監督の舞台挨拶の予定
9/26(土)、9/27(日)、10/3(土)、10/4(日):上映後
 <トークショー>
9/30(水) 上映後
 ゲスト:細谷亮太(本作出演/小児科医)×伊勢真一監督




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。