ドキュメンタリー映画「風のかたち-小児がんと仲間たちの10年-」「大丈夫。」「傍」等、伊勢真一監督作品を応援したいと思う人たちのためのブログです           (旧・映画「風のかたち」サポーターズブログ)

2010/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312010/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伊勢真一監督が毎月、いせフィルムのホームページで連載している
「監督のつぶやき」の8月分が更新されています。

今回のタイトルは「年中無休(2010.8)」
この映画の上映会を中心に回っている監督の最近の生活サイクルについて、触れられています。

以前、上映会でスタッフの方が伊勢真一監督は、「日本で最も多く、全国の上映会に足を運んでいる監督だろう」と言われていましたが、実際、監督は毎週のように、可能な限り、全国の会場に足を運び、トークショーや舞台挨拶をされています。

今年のその回数は、もうすぐ100回を超えるということで、文字通り、日本で一番、映画を観にこられた観客の方々と実際に会い、直にお礼を言ったり、観た感想を直に聴いている監督だと思います。

この映画の企画者であり、監修・出演もされている細谷亮太先生(聖路加国際病院副院長)も激務の合間をぬって、上映会にかけつけ、伊勢監督とそのたびごとに、ちょっと違ったトークを繰り広げています。

ですから、「風のかたち」の上映会は、映画だけでなく、監督や細谷先生のかけあいや撮影の裏話などが聴ける、とてもお得な上映会になっています。

この「風のかたち」は、その上映会で実際に観た方々が、自分の知り合いやもっと多くの人たちに観てもらいたいと思い、全国で上映会を企画し、自分たちで運営しています。

そんな気持ちにさせる映画は、そうないのではないでしょうか。

監督のつぶやき(2010年8月4日):「年中無休」


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。