ドキュメンタリー映画「風のかたち-小児がんと仲間たちの10年-」「大丈夫。」「傍」等、伊勢真一監督作品を応援したいと思う人たちのためのブログです           (旧・映画「風のかたち」サポーターズブログ)

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風のかたち」のことに触れていただいたブログがまた、見つかりましたので、ご紹介させていただきます(10月4日現在)。

またたびにっき:映画「風のかたち」みたび(10月3日)
天里 美月:映画「風のかたち」(10月2日)
film批評宣言:風のかたち(9月22日)
ナックルボーク2号:風のかたち(8月26日)
MIHO企画:風のかたち-小児がんと仲間たちの10年-改正(8月9日)
タイマグラ『フィールド・ノート』からの便り:死んじゃあいけない人たち(6月22日)
ワンじいのプロ野球偏愛日記:「風のかたち」(5月29日)

もし、この映画をご覧になって、いい映画だった、考えさせられたことがある、もっとほかの誰かにも観てもらいたいと思ったら、ぜひ、自分のブログやmixiに、この「風のかたち」を観たことを書き込んでいただいたり、Twitterでつぶやいていただければと思います。もちろん、この応援ブログの好きなところに書き込んでいただいてもけっこうです。


風のかたち」を始めとするドキュメンタリー映画の多くは、大手の映画会社や配給会社が制作・配給するような映画とは違って、限られた制作費のなかで、作り手の人たちの熱意やがんばりで作られており、宣伝費に回すような予算はないのが実情かと思います。

そして、一部の映画館で一般公開されたあとは、「自主上映」という上映方法によって、その映画を観たい、みんなに観てもらいたいという人の手で、全国各地の映画祭やイベントなどの上映会で上映されていきます。

私自身、この「風のかたち」を観る前には、このような上映システムがあることは知識としてはありましたが、この「風のかたち」の応援ブログを運営することになって始めて、このような映画を支える多くの応援団が全国各地にいらっしゃることを知りました。

風のかたち」は観た人の年齢や置かれている環境、家族との関係や病気に対する経験の違いによって、感想や評価は様々だとは思いますが、観たことを誰かに伝えたり、それについて語りたくなる映画であり、誰かに観てもらいたいと思う映画であることは確かだと思います。

この「風のかたち」を観た方はもちろん、この応援ブログに訪れた方はすでに、「風のかたち」の応援団です。

この一人ひとりの書き込みやつぶやきが小さな風を起こし、それがまとまって大きな風になることを、「風のかたち」応援団の一人として願っています。

「風のかたち」を取り上げていただいたブログ・その4
「風のかたち」を取り上げていただいたブログ・その3
「風のかたち」を取り上げていただいたブログ・その2
「風のかたち」を取り上げていただいたブログ・その1
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toyuuki.blog96.fc2.com/tb.php/42-31bc43d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。