ドキュメンタリー映画「風のかたち-小児がんと仲間たちの10年-」「大丈夫。」「傍」等、伊勢真一監督作品を応援したいと思う人たちのためのブログです           (旧・映画「風のかたち」サポーターズブログ)

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『モメントまたはクロニクル』は、「私が生きる」をテーマに、身の回りのことから、それぞれの生き方を考えてみようという雑誌(季刊誌)で、その創刊0号で「風のかたち」が特集されています。

特集のタイトルは「風をさがして――映画『風のかたち』から」

特集では、「風のかたち」の舞台となっている、小児がんと闘う子供たちのためのサマーキャンプを10年以上にわたって続けてきた3人の小児科医、細谷亮太先生、月本一郎先生、石本浩市先生や伊勢真一監督への詳しいインタビューが掲載されています。

さらに、詩人の谷川俊太郎さんや作曲家の林光さんのメッセージや、映画にも登場する絵「五月の歌」の作者、いせひでこさんや、キャンプファイアーのシーンでリードしていた菅原裕さん、キャンプの参加者である羽賀涼子さんも登場するなど、映画「風のかたち」をより深く理解でき、また観たくなるような特集になっています。

すでに、「風のかたち」を観た方も、まだ観ていない方にも、ぜひ読んでいただき、映画「風のかたち」を応援するサポーターの一人になっていただけたらと思います。

『モメントまたはクロニクル』創刊0号
「特集・風をさがして―映画『風のかたち』から」の内容
●『風のかたち』を見て:林 光
●スマートムンストンインタビュー
・やるだけやってバーンアウトしたら、それでもいいと思っていたんですよ。:細谷亮太
・小児がんが治るようになった大きな力は、グループスタディによる集中的治療です:月本一郎
・小児がんは、生まれてから15歳までに発生するがんの総称なんです。:石本浩市
●きれぎれな感想:谷川俊太郎
●いつものできごと:羽賀涼子
●「風のかたち」監督インタビュー「人間のいろんな側面が感じられる映画“ヒューマン・ドキュメンタリー”を創る」:伊勢真一
●キモチのかたち~「風のかたち」に寄せられた感想より・それぞれの風
●母と子のシーン:服部貴子・服部動生
●キャンプファイアーの力:菅原 裕
●「五月の風」インタビュー「私は、風を描いているのだと思う」:いせひでこ

『モメントまたはクロニクル』
●定価:1000円
●発行:MOCプロジェクト
●発売:ビレッジプレス
※ご購読のご希望は、下記までお問い合わせください。
●MOCプロジェクト
・TEL:03-3407-2533(平日10時~18時)
・E-mail:info@mocjapan.com
・ホームページ:http://www.mocjapan.com/

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toyuuki.blog96.fc2.com/tb.php/81-cf742346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。