ドキュメンタリー映画「風のかたち-小児がんと仲間たちの10年-」「大丈夫。」「傍」等、伊勢真一監督作品を応援したいと思う人たちのためのブログです           (旧・映画「風のかたち」サポーターズブログ)

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京・世田谷区の下高井戸シネマで開催される「優れたドキュメンタリー映画を観る会VOL.25 私の明日~アスタ・マニャーナ」のなかで、「風のかたち」が上映されます。

今回のドキュメンタリー特集では、「風のかたち」を始めとする、厳しい試練と闘いながら、苦境を乗り越える人々の苦悩と勇気を描いた素晴らしいドキュメンタリー作品を集めて上映されます。

「風のかたち」の上映は、期間中のレイトショーとモーニングショーの2回ですが、お近くの方はぜひ、ご覧いただければと思います。

4月25日の上映では、伊勢真一監督と細谷亮太さん(聖路加国際病院副院長)のトークショーがあります。

●「風のかたち-小児がんと仲間たちの10年-」(上映時間105分)
 ◎2009年度 文化庁映画賞 文化記録映画 優秀賞
 ◎2009年度 キネマ旬報文化映画ベストテン 第3位
監督:伊勢真一
小児がんと闘う子ども達の為のサマーキャンプ。仲間と様々なことを語り自然と触れ合う彼らの姿や、それを見守り続けてきた細谷亮太医師の10年間。

・4月25日(日)レイト 20:45~
 ★トーク:伊勢真一監督/細谷亮太さん(聖路加国際病院副院長)
・4日28日(水)モーニング AM10:25~

下高井戸シネマ TEL:03-3328-1008

前夜祭では、『ナオキ』(昨年の山形国際ドキュメンタリー映画祭で市民賞受賞/イギリス人監督が描く、日本のワーキングプアの悲哀と希望。NHK『東京モダン』より) 上映。

そのほかの上映作品は、『下手に描きたい-画家 森一浩 ブラジルの挑戦』(4/24)『チョコラ!』(4/24)『忘却』(4/25)『葦牙(あしかび)-こどもが拓く未来-』(4/26、4/30)『沈黙を破る』(4/26、4/30)『かさぶた』(4/27)『彼女の名はサビーヌ』(4/27)『花と兵隊』(4/28)『バオバブの記憶』(4/29)『母』(4/29)『祝(ほうり)の島』(5/1)。
1月27日(日)は、17日に続いて「風のかたち」の文化庁映画賞・文化記録映画優秀賞受賞記念と、雑誌『モメントまたはクロニクル(MOC)』の創刊を記念した上映会が、東京・駒込の駒込大観音・光源寺で行われます。

お寺の本堂での上映というのも珍しく、どんな上映会になるか楽しみです。

上映後には、光源寺の島田昭博住職と伊勢真一監督によるトークショーも予定されています。

●文化庁記録映画優秀賞受賞記念&雑誌MOC創刊記念上映会
 2010年1月24日(日)
 会場:東京・駒込・駒込大観音・光源寺
    東京都文京区向丘2-38-22
    →南北線「本駒込」より徒歩3分
    →三田線「白山」より徒歩5分
    →千代田線「千駄木」より徒歩10分
 上映時間:14:00開場/14:30スタート   
 ※終演後に島田昭博住職&伊勢真一監督のトークあり。
 料金:2,500円(映画鑑賞代、『MOC』代を含む)
 当日アクセス確認用電話:03-3821-1188

『モメントまたはクロニクル(MOC)』ブログ 

今週末の1月17日(日)には、「風のかたち」の文化庁映画賞・文化記録映画優秀賞受賞記念と、雑誌『モメントまたはクロニクル(MOC)』の創刊を記念して、東京・下北沢のライブハウス「ラ・カーニャ」で、【『風のかたち』―小児がんと仲間たちの10年―初春上映会】が開催されます。

当日は、2回上映となりますが、伊勢真一監督と細谷亮太医師のトークショーもあるそうです。

上映スケジュール●1月17日(日) :全2回上映
(1)13:30スタート:上映+伊勢真一監督トーク
(2)16:30スタート:上映+細谷亮太医師&伊勢真一監督トーク

会場●東京・下北沢「ラ・カーニャ」(世田谷区北沢2-1-9 第二熊崎ビルB-1)
  →小田急線、井の頭線「下北沢」南口より徒歩5分
料金●3,000円(映画鑑賞代、『MOC』代、1ドリンク代を含む)
当日アクセス確認用電話●03-3410-0505

『モメントまたはクロニクル(MOC)』ブログ 

ご予約・お問い合わせは、
いせフィルム:03-3406-9455
●MOCプロジェクト:03-3407-2533
 info@mocjapan.com
2009年も残すところわずかで、皆様もあわただしい時間を過ごされていることと思いますが、来年2010年の「風のかたち」の上映会が次々に決まっています(最新の上映スケジュールは、いせFILMのHPで)

来年の1月には、首都圏の3箇所で上映されます。それぞれ雰囲気の違う、面白い場所なので、そこに集まる方々も違うと思いますし、味わえる感動も違ったものになると思います。この3箇所とも、ぜひ行ってみたいと思っています。

1月17日(日)の上映は井の頭線・下北沢駅から5分の、「ラ・カーニャ」という雰囲気のあるライブハウスで、細谷亮太先生と伊勢真一監督のトークショーもあるそうです。
●「ラ・カーニャ」ホームページ(問い合わせは「いせFILM」まで)

1月23日(土)~2月5日(金)までは、埼玉県・川越の「川越スカラ座」で「大きな家」と併映されます。1日2回ずつ、交互に上映なので、2本一緒に観れるのはうれしいです。ぜひ、2本とも観ていただけたらと思います。初日の23日には、伊勢真一監督の舞台あいさつもあるそうです。

川越スカラ座はホームページで拝見すると、レトロな雰囲気の素敵な映画館で、上映作品にもこだわりが感じられる、ぜひ一度行ってみたいと思わせる映画館です。
●「川越スカラ座」ホームページ
●ブログ「スカラジャニッキ」:「風のかたち」

1月24日(日)の上映は、東京・駒込にある「駒込大観音・光源寺」。この光源寺は、毎年7月に行われる「四万六千日ほおずき千成り市」で有名で、音楽のライヴをやったり、水族館劇場の公演をやったりと、一味違ったお寺さんです。伊勢真一監督のトークショーもあるそうですが、どんな上映会になるのか楽しみです。
●駒込大観音 四万六千日 ほおずき千成り市のホームページ(問い合わせは「いせFILM」に)

●2010年1月17日(日)
 会場:東京・下北沢 ラ・カーニャ
 住所:東京都世田谷区北沢2-1-9第二熊崎ビルB-1
 上映時間:13時半~/16時半~
 ※ 細谷亮太医師×伊勢真一監督によるトークあり。
 問合せは、いせフィルム(03-3406-9455)まで。
●2010年1月23日(土)~2月5日(金)
 会場:埼玉・川越スカラ座(049-223-0733・火曜休)
 ※1月23日(土)伊勢真一監督によるトークあり。
●2010年1月24日(日)
 会場:東京・駒込 駒込大観音・光源寺
 住所:東京都文京区向丘2-38-22
 上映時間:14時より ※ 伊勢真一監督によるトークあり。
 問合せは、いせフィルムまで(03-3406-9455)。

※いせFILMのHP

12月20日(日)には、愛知県・豊橋市の豊橋市公会堂で「風のかたち」が2回上映されます。
当日は、伊勢真一監督によるトークショーがあります。

また、22日(火)、23日(水)には山梨県・清里のキープ協会・清泉寮で「風のかたち」上映会が開催されます。

このキープ協会・清泉寮がスタートした10年前の2000年夏、「風のかたち」の舞台となっている、毎年、小児がんと闘う子どもたちが参加するスマートムンストン(SMS)・サマーキャンプがここで開催され、その後何度か開催されている場所だそうです。

両日とも、細谷亮太先生と伊勢真一監督、キープ協会スタッフとのトークショーもあるそうです。

●2009年12月20日(日)
 愛知・豊橋市公会堂
 住所    愛知県豊橋市八町通二丁目22番地
 上映時間  10時30分より/13時15分より  ※ 伊勢真一監督によるトークあり。
 問合せ   0532-66-1800(ドキュメンタリー映画「風のかたち」を観る会・藤田)

●2009年12月22日(火)・23日(水)
 山梨・清里 キープ協会・清泉寮
 住所    山梨県北杜市高根町清里3545
 上映時間  12月22日(火)19時より/12月23日(水)9時半より  
      ※ 細谷亮太医師×伊勢真一監督によるトークあり。
 主催    財団法人キープ協会
 問合せ   0551-48-2111(財団法人キープ協会・清泉寮)

●2010年の上映会スケジュールは、
いせFILMホームページで、ご確認ください。
「師走」とは本当によく言ったもので、12月はあっという間に時が流れ、2009年も残すところあとわずかになってしまいました。

「風のかたち」を、どうしても年内中に観たいとい方のために、これから観ることができるところを、直前の告知でなんですが、いくつかご紹介させていただきます。

まず、12月18日と19日の2日間、神奈川県横浜市の泉公会堂で開催される「ぴぐれっと映画祭2009」で、「風のかたち」と「大きな家」が上映されます。

また、両日ともトークショーがあり、伊勢真一監督と澄川嘉彦監督が出演されます。

この映画祭は、知的障害などのハンデキャップを持った人たちが働く場を運営するなど、生活支援の場づくりをすすめる社会福祉法人「ぴぐれっと」が地域住民の方々への感謝をこめて、おすすめのドキュメンタリー映画を上映するもので、今年で2回目になります。

映画で地域に恩返し、障害者施設運営団体が18、19日に上映会/横浜
 神奈川新聞:カナコロ

 
[「ぴぐれっと映画祭2009」で上映されます!]の続きを読む
映画「風のかたち」のことを報道記事や観た人からの話で知って、ぜひ観たい、どこで上映しているのか、と思ってこのブログを訪問してくださる方やお問い合わせいただく方が増えています。

以前の記事でも書きましたが、「風のかたち」は現在、この映画を上映したいという人たちの手で企画された自主上映会や、ドキュメンタリー映画や自主上映の映画を上映しているミニシアターなどで上映されています。

大手の映画会社や配給会社が映画館を押さえて、全国で一斉にロードショーしていく、エンタテイメント映画とは違い、本当に観てよかったと思う人、この映画をもっと多くの人に観てもらいたいと思う人の思いによって、全国各地の1箇所ずつ、点から点に、思いのバトンをリレーしていくような感じで、上映されている映画です。

伊勢真一監督は、このブログでもご紹介している、舞台あいさつやインタビュー記事のなかでもよく、「映画は完成し、上映して終わりではなくて、観てもらう人と一緒につくりあげていくもの。大変だけど、自主上映という映画の伝え方が性に合っている」と話されています。

こんな映画のつくり方、映画の伝え方があること、そしてその映画を支える多くの応援団、サポーターが全国各地にいらっしゃることを知ったことで、新鮮な、そして深い感動を覚えるとともに、このブログを始めてよかったと思います。

このブログでは微力ながら、全国各地の上映スケジュールやこの映画を観た方々の感想や思いを伝えていきたいと思っています。ぜひ、自分の周りで自主上映をしたいという思いや、この映画の上映会が決まったといった情報がありましたら、お寄せいただけたらと思います。

前置きが長くなってしまいましたが、今週末の12月4日、5日は、首都圏では、神奈川・川崎市アートセンター内のアルテリオ映像館で観ることができます(上映は11日まで)。

4日、5日ともに上映後に、伊勢監督のトークショーがあります。

また、うれしいことに、28日の初日のトークショーの模様がレポートされており、伊勢監督のお話が読めるようになっています。

●神奈川・川崎市アートセンター・アルテリオ映像館ホームページ
●「風のかたち」 11月28日(土)初日トーク・ゲスト伊勢真一監督

そのほかの上映スケジュールは、こちらをご覧ください。
●「風のかたち」上映の輪が全国に広がっています!
●いせFILM
「風のかたち」が現在、上映中の岩手・宮古市と愛知・名古屋での上映もいよいよ20日までとなりました。まだ、ご覧になっていない方はこの機会を、お見逃しなく。一度観た方も、お近くの方をお誘いいただいて、ぜひもう一度、ご覧ください。お近くの方にもぜひ、おすすめいただければと思います。

岩手・宮古市のシネマリーンでは、「第6回みやこドキュメンタリー映画祭~子どもたちの明日~」というタイトルで、子どもたちの姿をそれぞれ違った観点で撮影したドキュメンタリー映画3本を上映しています。

上映されているのは、「風のかたち」のほか、「大きな家~タイマグラの森の子どもたち~」(澄川嘉彦監督)と「葦牙-あしかび-」(小池征人監督)の3本です(上映時間はご確認ください)。

シネマリーンは、岩手県沿岸部唯一の映画館で、市民活動によって生まれた日本で唯一の「映画の生活協同組合」だそうです。

●第6回みやこドキュメンタリー映画祭~子どもたちの明日~:11/14(土)~11/20(金)
  上映時間は、CINEMARINE WEBLOGをご覧ください。

愛知・名古屋のシネマスコーレでの「風のかたち」上映も、20日までとなります(「大きな家」は27日まで)。

詳細は、シネマスコーレブログでご確認ください。
●「風のかたち」上映時間
 11月14日(土)~20日(金) 15:15~ 1回
●「大きな家 タイマグラの子どもたち」上映時間
 11月14日(土)~20日(金) 13:15~ 1回 
 11月21日(土)~27日(金) 10:00~ 1回
ご報告が遅くなりましたが、聖路加国際病院の小児病棟親の会「リンクス」の方々が主催された、11月3日の上映会は、予想を上回る予約申込みがあり、大盛況に終わったそうです。

映画「風のかたち」のもとになった、10年間のサマーキャンプの記録は毎年、ここ聖路加国際病院で、キャンプの参加者やそのご家族のために上映されてきました。

その同じ会場で、それも小児病棟親の会「リンクス」の方々によるチャリティ自主上映会ということで、二重にも三重にも意味のある、心がこもった上映会だったことと思います。この映画にとって、本当の意味での「凱旋上映」といえるかもしれません。

また、10月18日には聖母大学、24日には上智大学と大学の学園祭でも上映され、このブログへもうれしい感想を寄せていただきました。ありがとうございます。

この「風のかたち」を観た方が、それぞれの立場や境遇から、何かを感じ、そのことを周りの誰かに話したり、自分ができることから何かを始める。この映画には、観た人にそんな気持ちにさせる、そんな力があると思います。

11月14日現在、愛知と石川で上映中で、本日から岩手での上映が始まります。

11月22日には、東京・慶応大学の日吉キャンパスでも上映されます。

ぜひ、お近くの方は足を運んでいただければと思います。
そして、これまで観た方は、ぜひこれからの上映の予定をお近くの方に伝えてください。

最新の上映予定は、次の通りです。
[「風のかたち」上映の輪が全国に広がっています!]の続きを読む
昨日17日には、東京・六本木ヒルズ「グランドハイアット東京」で、文化庁映画賞贈呈式が行われ、伊勢真一監督に文化記録映画賞優秀賞が贈呈されました。

そして、本日18日(日)にはシネマート六本木で、文化庁映画賞記念上映会が行われ、「風のかたち」が13時から上映されます。上映後、細谷亮太先生と伊勢真一監督の舞台あいさつがあります。

ポレポレ東中野での上映を観れなかった方は、ぜひご覧ください。

【平成21年度(第7回)文化庁映画賞受賞記念上映会<文化記録映画部門受賞作品>】
●日時:10月18日(日) 「風のかたち」開場:13時・本編上映:13時20分~(105分)
●会場:シネマート六本木1 スクリーン1(地下2階)
 TEL:03-5431-7711
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。